読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの中国現場-LIVE

チョコレート式中国語の勉強・学習方法を紹介しながら中国ニュース、面白サイト、各地のフォーカスをしていきます。中国理解に一役立てれば幸いです。

中国で気づいたら「IPhone」ではなく「Phone」を買わされていた話。

チョコレートの失敗談です。

中国通を名乗るわけではありませんが

だいぶ中国には詳しい方です。

 

ここ最近は中国に行く気が起きず

日本でまったりしております。

 

なんか気が進まないんです。

中国で空気を吸いすぎた結果なのか

喉の調子がすこぶる悪い。

これ、ただ大げさに悪いと言っているのではなくて

鼻から管を入れられて喉を定期的に検査するように

なってしまいました。原因は不明です。

中国のせいにはできませんね。

 

先ほど中国人の友人から

中古で安いIPhoneがあるけど買わないかと

微信がありました。

そこで急に昔のことを思い出してしまったんです。

上海でIPhoneを買ったつもりが最終的に「Phone」だった事を。

最近はやめましたが

以前は日本の中小企業さんに

中国の企業を紹介したり繋げたりと

そんなお仕事もしておりました。

 

日中双方の企業さんに喜んでもらえていて

準備やアテンドなど大変なのですが

その当時好きな仕事の一つでした。

 

そんなあ日

視察が終わり日本のお客さんを

リニアモーターカーの駅まで見送りに行きました。

お客さんが行きに乗れなかったので帰りにはと

要望があったからです。

空港までは行かずに手前で仕事が終わるので

私も気が緩んでいたのでしょう。

 

上海のリニアモーターカーは

空港から市内に届く一歩手前までを繋ぎます。

そしてその終点の駅(龙阳路)には国内外から

多くの観光客が訪れます。

 

やっぱりいるんですよね。

その人たちを狙ったスリやインチキ野郎

 

単純に言うとおれは

そのインチキ野郎に騙されてしまったんです。

 

あの時は

中国語も話せるし

上海や中国に対しても理解があって

仕事も上手く行き始めていたので

調子にのっていました。

浮かれていました。

 

客観的に見たらあいつ浮かれてるなって

 

そんな緩くて抜けた顔

中国の騙しのプロが見過ごすわけがありません。

お客さんを見送った後

お腹が空いていたので

近くでご飯を食べる事にしました

 

駅の外に出ると

1人の男がIPhoneを持って声をかけてきました。

普段なら無視するところですが

ちょっと遊んでやろうと

話を聞くと

 

このIPhone、2000元(当時約3万5千円)でどうですか?

 

どうせ偽物だろ!と思って覗くと

確かに本物のIPhoneでした

サクサク動く。問題もなさそう。

 

え!?なんで?

 

日本でSimフリーのIPhoneなら8万以上はします。

 

これは買いか??

いや、でも違うこいつは怪しい奴。

 

数日前にも日本人のお客さんに

知らない人に話しかけられても話にのったり

付いて行ったりしないでください。

と忠告していたばかり

 

そこで考えたのは中の部品が壊れていたり

安物の電池と交換されている可能性

 

私は一旦ここで

そいつと距離を置く事にしました。

 

中国のファーストフード店「真功夫」に入ります。

 

そういうインチキ野郎とか客引きは

お店の中までは入ってこないからです。

 

料理が出来上がり食べ始めて20分

 

なんとそいつがお店の中に入ってきました。

そして私の隣に座ります。

 

「どうする???」と一言

 

もう、そのIPhoneを気になっていることが

バレバレだったのでしょう。

 

食後、外に出てまたそのIPhoneを触らせてもらいます。

確かに本物。機械の中まではわからないけど

普通に問題はなさそう。

 

そこで値下げを要求します。

1000元(当時約2万円)なら買う。

 

中国で値段交渉の際にやってはいけない事

それは、こちらから指値をする事です。

※今後個人輸入の仕入れの方法で説明します。

 

ただ、日本でも中国でも最低7万はするIPhoneに

2万円というなら指値の仕方は間違ってはいない

 

ただこの時点で相手には

少なくとも安ければ購入意思がある事をバラす事になります。

 

私も勝負です。

今までの中国経験を持ってすれば

騙されそうになっても見破れるはず!

そう踏んで挑みました。

 

ここから価格交渉です。

 

男は1800元と言います。

私は1000元以外買わないと

 

じゃぁ1500元ならどうか?

2000元から1500元と急に500元も安くなります。

やっぱり怪しいんじゃないか...

頭をよぎる。

 

ダメ1000元で。

 

男がじゃぁ1200元でお願いしますと

真剣な表情で一言。

 

そこで優しい私は

相手に200元くらいは花を持たせてやろうと

気が緩みます。

 

その結果、価格は1200元に落ち着きました。

 

その男はIPhoneの安い理由を

工場から直接持ってきたからと言います。

こういう事は中国なら考えられる事です。

 

少しグレーな部分があるから

お金とIPhoneを交換した事がばれると

法律的に良くない上に最悪逮捕される可能性があるから

私から買った事は誰にも言わないで下さいと真剣な表情です。

まぁ信じられるって言えば信じられるのか...

 

そしてお金を渡します。

男はちょうど後方にいた保安(お巡りさん)に背を向けて

保安から見えないように私のバックにIPhoneを入れてくれます。

私が確認しようとすると

いま保安(警察)がいるから出さないで!!と

緊迫した表情。

そしてなぜか二人で大きい仕事を成し遂げたかのように

ハグしてきます。

充電用の線を渡してきたので

それもくれるの?と聞くと

 

じゃぁ後100元ちょうだいって言うので

 

何言ってんだよと笑顔で返事をして

線を受け取りました。

 

男はタクシーを拾ってくれて

気をつけてね。

家に帰るまでIPhone出さないでね 。

と一言

 

タクシーに乗り込み1分後に

IPhoneを取り出すとそれはIPhoneではなく

偽物の「Phone」でした

そこにあるはずの「I」がない

「I」のない「IPhone」なんて

「IPhone」じゃない

それは只の文字通り「Phone」だ

 

後ろを見るともうその男はいません。

あぁ騙されたんだ...

 

Phone...

一応電源は入る

モッサリとした動きで「welcome」の文字

通話もできる

でも画面をタッチすると

斜め上が押される。

 

ムカついて2日後に捨てました...

 

結論

・やっぱり怪しい奴の言うことに耳を貸してはいけない

・しっかり無視をしろ

・中国で浮かれた顔をするな 

・私はただの浮かれ者

・スキあり緩みあり

・狙い目

旅行は日本に帰ってくるまでが旅なんだ!

あぁIPhone

私はいま5を使っています...

f:id:Latechocolate:20160406044059j:plain