読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの中国現場-LIVE

チョコレート式中国語の勉強・学習方法を紹介しながら中国ニュース、面白サイト、各地のフォーカスをしていきます。中国理解に一役立てれば幸いです。

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)登録過程。ブログ開設2週間目

当ブログはご覧いただければ気づくと思いますが中国語学習と中国情報を軸にブログを構成しております。

紹介したい参考書や電子辞書などをAmazonでカッコよく表示したかったのでアマゾンアソシエイトに登録申請致しました。結果2回落ちて、ブログ開設から約2週間で3回目の審査に通りました。

参考までにその過程を記載しておきます。

Amazon アソシエイトへの審査は2回落ちました。

1回目はブログ開設2日目

記事数は4件

いつもAmazonを利用するID

不合格通知は申請から2時間後

 

Amazonアソシエイト/アフィリエイトの申請方法などの記事を参考にしていなかったのでまさかのブログ開設2日目、記事数も4件で申請してしまいました。

無謀ですね。当然アマゾンさんからは以下のメールが返信されました。

f:id:Latechocolate:20160418234558j:plain

現段階ではコンテンツが少ないため...

頭の中で書く予定の記事が最低でも10件はありましたのでどんどん書いていくつもりでした。その記事の中で参考書や電子辞書の紹介をしたかったので単純な気持ちで申請しました

ただコンテンツという言葉を聞いて少しモチベーションが上がりました。審査に落ちたのにニコッとしていました。

「もう少し”コンテンツ”を増やしてからから申請しよう」

頑張って記事を書きまくります。

 

当然肩も凝ります。睡眠時間も削りました。そのためか内容が変な方向に行きそうにもなりました(笑)

 

そしてそれから

1週間後、ブログ開設から10日目に再審査申請

2回目はブログ開設から10日目

記事数は32件

新しいAmazonのID

不合格通知は5時間後

 

新しいAmazonのIDにした理由は審査落ちメールに「当該アカウントは削除されます」とありましたので勘違いして同じIDでの申請は出来ないと思ったからです。

これで審査に落ちたら別のメールアドレスを作らないといけないと思っていたので想いを込めての申請でした。

 

しかし

 

こちらのメールが来ました。正直少しショックでした。

f:id:Latechocolate:20160419000821j:plain

下記の理由とは(以下のどれか)

Amazon アソシエイト(アフィリエイト) - ヘルプ

 

今回は”コンテンツ”の量は十分だと思っていたのですがダメでした。しかも明確な理由がどれに当たるのかわからず悩みました。

 

もしかしたら中国関係のエグい記事か?

 

それとも

 

私のWebショップの画像がAmazonの販売商品に利用されていた事がありその削除依頼でマークされてしまっているのかなど色々と考えました。

 

マイナスに考えるよりも

自分のサイトをもう一度

 

もう1つ思いつくものは

タイトル下のメニュー

f:id:Latechocolate:20160419001631j:plain

名前は違いますがリンク先が被っているものがありました。

 

これが1項目目の「Webサイトが未完成または作成したばかりである」に当たるのではないかと積極的に考えて修正してから最後にもう一度申請しようと決めました。

 

ここで先人の記事を参考にします。

新しいIDよりも、購入経験のあるIDの方が通りやすい

これが胸に響きます。でもあのIDはもう使えないよな...

いや試しに入力してみよう。

そして最後の申請 ブログ開設2週間目

ブログ開設から2週間

記事数50件に到達

最初に落ちたいつも利用するID

返信は2時間後

承認されました。

f:id:Latechocolate:20160419003652j:plain

 

やっぱりWebサイトの未完成が理由だったみたいです。

 

まとめ

参考になるかはわかりませんがまとめておきます。

私の予想では2回目の申請時の記事数でも合格できたのではないかと思います。ただ一つタイトル下のリンクが被っていなければ...それから、1度審査に通らなかったIDでも再審査の申込みが出来る事に気付きました。私の勘違いだったみたいです。

また購入履歴のあるIDでの審査が通りやすいとの情報は信憑性が高いと思います。

  • 外枠はしっかり埋める
  • リンク被りはないようにする
  • 記事数は多めにする30件以上
  • 開設から2週間ほど
  • 購入経験のあるIDで申請
  • あまり落ち込まない

ちなみにiTunesアフィリエイトの申請はAmazonアフィリエイトの最後の申請と同時に行いました。こちらは3日後に審査が通りました。こちらも上記の条件と同程度の状況で申請するのが良いかと思います。

最後に...

これでやっと紹介したかった参考書と電子辞書が掲載できます(涙)。

 

f:id:Latechocolate:20160419005914j:plain

これからも”コンテンツ”の充実に向けてコツコツとやっていきます。

本日よりAmazonアソシエイト・プログラムに参加しました^^