読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chocolateの中国現場-LIVE

チョコレート式中国語の勉強・学習方法を紹介しながら中国ニュース、面白サイト、各地のフォーカスをしていきます。中国理解に一役立てれば幸いです。

中国でまたまたボッタクリ発生「無料ですよ」のはずが最終的に5000元(約82,000円)請求される。

中国でまたまたボッタクリ事件が発生しました。今回被害にあったのは21歳の若い女性。< 护肤 hù fū >スキンケア商品のキャンペーンにつられてしまったようです。

早速事の真相を見ていきましょう。

女の子は街で誘われた化粧品の無料体験を受けるためにお店まで行きました。無料という言葉には半信半疑でしたが商品を購入、消費しなければ問題ないと思っての行動です。女性店員が使っているのは無料のクレンジングミルクと承諾したことで女の子も安心します。

 

10分後、洗顔等を終えた時に肌に痛みを感じました。それと同時に店員が女の子を気遣うように「アイヤ、肌が紅く気触れてますけど痛くないですか?」と尋ねます。女の子は当然「ハイ」と答えます。すると店員はすかさず「ここには専用の痛み止めがありますので使っていいですよ」と言います。女の子は3粒もらい使用した所改善した感じがしました。

 

そして感謝の気持ちをもって帰ろうすると店長と店員から「今回の消費額は合計で5000元です」と突然言わてしまいました。女の子が無料のはずではと尋ねると店長は洗顔は無料だけど痛み止めが1粒あたり1518元でさらに人件費400元の合計5,000元と内訳を伝えます。1粒1500元は高いと反論したかったのですが数名の店員に囲まれて何も言えずに財布にあった現金数百元とカードで4,520元を支払わされてしまいました。

 

この事をお姉さんに伝えるとすぐに警察に電話するように言われました。警察は詐欺事件として捜査をする為に、女の子とその家族と現場に向かいました。午後5時半。お店の扉は閉じられており中には誰もいませんでした...腾讯新闻より

ひとこと

何とも後味が悪くなるニュース。中国にいると街中で声をかけられる事は良くあります。化粧品関連からアンケート調査、IPhone買わないか?など色々あります。私も騙された経験があるので騙された後の悔しさと何とも言えない感じは人一倍理解しています。声をかけられて付いて行く人の脇が甘いのか、騙した人が悪いのか。もう騙すのはやめようよ...

この記事から中国語のお勉強

こんなニュースですが中国語の勉強としては美味しい単語が満載です。HSKにも役立ちますのでピックアップしていきましょう。

女の子が無料洗顔体験で洗顔後に5000元の支払いを要求される

< 女子体验免费洗脸 洗完后被要求支付5000元 nǚ zǐ tǐ yàn miǎn fèi xǐ liǎn xǐ wán hòu bèi yāo qíu zhī fù5000 yuán >

「体验」体験

「免费」無料

「洗脸」洗顔

「動詞+完」動作が終わる事

「洗完」洗顔し終わる

「被」される/受動

「要求」要求

「支付」支払う

販促イベント/キャンペーン

< 〜的促销活动 de cù xiāo húo dòng >

良く見かける言葉です

痛く感じませんか?

< 请问你是不是感觉到疼? qǐng wèn nǐ shì bù shì gǎn jué dào téng? >

「请问〜」何かを聞く時の決まり文句。丁寧な言い方。

「疼」痛い

「是不是」疑問文

合計金額約5000元です

< 总共消费差不多5000元 zǒng gòng xiāo fèi chà bù dūo5000 yuán >

「总共」合計

「差不多」大体/約

 

中国現場からHSKに強くなる!!